• top

    top

  • top

    toptop

寒川町の新たな時代を切り拓く

寒川維新十策

①「身を切る改革」から始まる議会改革を通した先進的議会運営の実施
②行政機構改革の推進
③地域経済の活性化支援
④子どもたちのコミュニケーション能力育成に主眼を置いた教育改革
⑤企業誘致促進のための体制強化
⑥都市型農業「寒川農スタイル」の確立
⑦観光事業振興による交流人口の増加
⑧現役世代の心と身体を守る
⑨インクルーシブ(共生社会)環境の推進
⑩リタイア世代の力を活かしたまちづくり
①「身を切る改革」から始まる議会改革を通した先進的議会運営の実施
②行政機構改革の推進
③地域経済の活性化支援
④子どもたちのコミュニケーション能力育成に主眼を置いた教育改革
⑤企業誘致促進のための体制強化
⑥都市型農業「寒川農スタイル」の確立
⑦観光事業振興による交流人口の増加
⑧現役世代の心と身体を守る
⑨インクルーシブ(共生社会)環境の推進
⑩リタイア世代の力を活かしたまちづくり

寒川町の新たな時代を切り拓く

寒川維新十策

 

①「身を切る改革」から始まる議会改革を通した先進的議会運営の実施
②行政機構改革の推進
③地域経済の活性化支援
④子どもたちのコミュニケーション能力育成に主眼を置いた教育改革
⑤企業誘致促進のための体制強化
⑥都市型農業「寒川農スタイル」の確立
⑦観光事業振興による交流人口の増加
⑧現役世代の心と身体を守る
⑨インクルーシブ(共生社会)環境の推進
⑩リタイア世代の力を活かしたまちづくり

 

 

「課題」と「対処策」 そして、早期の実行実現

「課題」と「対処策」 

そして、早期の実行実現

クリックで拡大します

「課題」と「対処策」 そして、早期の実行実現

クリックで拡大します

よこて晃の活動記録

よこて晃の議員活動報告です。
日頃の議会における議員活動や、

駅頭やポスティング等の政治活動の様子を

投稿しております。

 

よこて晃の活動記録

 

よこて晃の議員活動報告です。
日頃の議会における議員活動や、
駅頭やポスティング等の政治活動の様子を
投稿しております。

 

よこて晃の活動記録

 

よこて晃のリアルタイム議員活動報告です。
よこて晃の駅頭や議会活動を日々、投稿しております。
表示されている
Facebook投稿内のリンクからは、
MAP上に記録されている活動の軌跡をご覧いただけます。

よこて 晃(あきら)

1967(昭和42)年8月8日生まれ。

神奈川県立岡津高等学校卒業後、一年間の浪人生活を経て、
日本大学経済学部経済学科に入学。
大学卒業後、㈱ジェイアール東日本企画、ヤフー㈱、
㈱ディーツーコミュニケーションズで
プロデューサーとして多数の広告・PRキャンペーンを担当。
 
その後、参議院議員公設秘書、神奈川県会議員秘書を務め
2013年2月17日執行の寒川町議会議員選挙で初当選。
寒川町議会議員の任務を授かる。
議会では現在、総務常任委員会副委員長を務めている。
「日本維新の会」所属

 

よこて 晃(あきら)

1967(昭和42)年8月8日生まれ。

神奈川県立岡津高等学校卒業後、一年間の浪人生活を経て、
日本大学経済学部経済学科に入学。
大学卒業後、㈱ジェイアール東日本企画、ヤフー㈱、
㈱ディーツーコミュニケーションズで
プロデューサーとして多数の広告・PRキャンペーンを担当。
 
その後、参議院議員公設秘書、神奈川県会議員秘書を務め
2013年2月17日執行の寒川町議会議員選挙で初当選。
寒川町議会議員の任務を授かる。
議会では現在、総務常任委員会副委員長を務めている。
「日本維新の会」所属

 

よこて 晃(あきら)

1967(昭和42)年8月8日生まれ。

神奈川県立岡津高等学校卒業後、一年間の浪人生活を経て、
日本大学経済学部経済学科に入学。
大学卒業後、㈱ジェイアール東日本企画、ヤフー㈱、
㈱ディーツーコミュニケーションズで
プロデューサーとして多数の広告・PRキャンペーンを担当。
 
その後、参議院議員公設秘書、神奈川県会議員秘書を務め
2013年2月17日執行の寒川町議会議員選挙で初当選。
寒川町議会議員の任務を授かる。
議会では現在、総務常任委員会副委員長を務めている。
「日本維新の会」所属

 

寒川町の新たな時代を切り拓く

寒川維新十策

①「身を切る改革」から始まる議会改革を通した先進的議会運営の実施

 議員定数の削減、議員報酬の見直し、政務活動費の使用範囲の規定改正、議会運営費の使用項目の洗い出し等、議員自らが襟を正し「身を切る改革」を実行し、議会における「無駄」を徹底的に排除した「議会改革」を実現します。「身を切る改革」を実行することで議会の存在価値を高め、これまで役人任せだった条例や年度予算の重要事項の作成過程に議会が深く関わり、議会が主導となった議会運営を実施していきます。

 

②行政機構改革の推進

縦割りから横断的な組織への組織改革、民間並みの人材登用、育成、採用等の人事改革、民間企業との人事交流も含め、より先進的かつホスピタリティのある行政サービスの提供が行えるよう、町役場の組織体系、人事体系を整備していきます。

 

③地域経済の活性化支援

エコノミックガーデニングの仕組みを導入、推進し、産、学、官、民、金の各分野が一体となってそれぞれの強みを活かし、町内中小商工業および新規参入事業者を支援、成長させ、地域経済の活性化を図っていきます。

 

④子どもたちのコミュニケーション能力育成に主眼を置いた教育改革

子どもたちが社会に出た時に「本当に役に立つ教育」を目指して、子どもたちのコミュニケーション能力を発達させる教育環境の整備をて、コミュニケーション能力育成先進都市のイメージ確立を推進します。

 

⑤企業誘致促進のための体制強化

田端西エリアの再開発事業において、ロボット産業特区の特性を活かし企業誘致を推進するために、専門組織と専属の人員を配置。積極的な「タウンセールス」を実行し、特にIT関連企業の誘致を促進します。

 

⑥都市型農業「寒川農スタイル」の確立

農協との連携だけではなく、寒川町独自にビッグデータ等を活用した「六次産業化に対応する為のデータ整備、季節ごとの栽培適正商品の選定推奨、更には販売ルート開拓の補助も行い、既存農業従事者の事業支援、新規就農希望者の企業支援を行い、マーケティングバックアップという新しい農業ビジネスのあり方「寒川農スタイル」を確立します。

 

⑦観光事業振興による交流人口の増加

現状の観光事業活性化施策「寒川神社を核とした観光拠点づくり」から「寒川神社と並ぶ観光拠点づくり」へ視点をシフトし、観光事業の振興を行い、交流人口の増加を図ります。

 

⑧現役世代の心と身体を守る

町内企業在勤者、町内商工自営業者とその従業員、町内在住のビジネスマン等、現役世代に対する「心のケア」を充実させるために、ストレスチェックやカウンセリングの受診機会の拡大を図り、現役世代の心と身体を守ります。

 

⑨インクルーシブ(共生社会)環境の推進

障がい者と健常者を分け隔てるのではなく、両者が当たり前のように共生する「生活」「労働」「教育」の環境づくりを推進します。

 

⑩リタイア世代の力を活かしたまちづくり

シルバー人材センターを活用して、町役場や町内商工業事業者、町内農業従事者と、働く意欲のあるリタイア世代の方達とをマッチングさせる場を作り、リタイア世代の方達がこれまでに培ってきた経験、知識、知恵を活かしたまちづくりや、町内事業者の活性化を進めます。

寒川町の新たな時代を切り拓く

寒川維新十策

①「身を切る改革」から始まる議会改革を通した先進的議会運営の実施

 議員定数の削減、議員報酬の見直し、政務活動費の使用範囲の規定改正、議会運営費の使用項目の洗い出し等、議員自らが襟を正し「身を切る改革」を実行し、議会における「無駄」を徹底的に排除した「議会改革」を実現します。「身を切る改革」を実行することで議会の存在価値を高め、これまで役人任せだった条例や年度予算の重要事項の作成過程に議会が深く関わり、議会が主導となった議会運営を実施していきます。

 

②行政機構改革の推進

縦割りから横断的な組織への組織改革、民間並みの人材登用、育成、採用等の人事改革、民間企業との人事交流も含め、より先進的かつホスピタリティのある行政サービスの提供が行えるよう、町役場の組織体系、人事体系を整備していきます。

 

③地域経済の活性化支援

エコノミックガーデニングの仕組みを導入、推進し、産、学、官、民、金の各分野が一体となってそれぞれの強みを活かし、町内中小商工業および新規参入事業者を支援、成長させ、地域経済の活性化を図っていきます。

 

④子どもたちのコミュニケーション能力育成に主眼を置いた教育改革

子どもたちが社会に出た時に「本当に役に立つ教育」を目指して、子どもたちのコミュニケーション能力を発達させる教育環境の整備をて、コミュニケーション能力育成先進都市のイメージ確立を推進します。

 

⑤企業誘致促進のための体制強化

田端西エリアの再開発事業において、ロボット産業特区の特性を活かし企業誘致を推進するために、専門組織と専属の人員を配置。積極的な「タウンセールス」を実行し、特にIT関連企業の誘致を促進します。

 

⑥都市型農業「寒川農スタイル」の確立

農協との連携だけではなく、寒川町独自にビッグデータ等を活用した「六次産業化に対応する為のデータ整備、季節ごとの栽培適正商品の選定推奨、更には販売ルート開拓の補助も行い、既存農業従事者の事業支援、新規就農希望者の企業支援を行い、マーケティングバックアップという新しい農業ビジネスのあり方「寒川農スタイル」を確立します。

 

⑦観光事業振興による交流人口の増加

現状の観光事業活性化施策「寒川神社を核とした観光拠点づくり」から「寒川神社と並ぶ観光拠点づくり」へ視点をシフトし、観光事業の振興を行い、交流人口の増加を図ります。

 

⑧現役世代の心と身体を守る

町内企業在勤者、町内商工自営業者とその従業員、町内在住のビジネスマン等、現役世代に対する「心のケア」を充実させるために、ストレスチェックやカウンセリングの受診機会の拡大を図り、現役世代の心と身体を守ります。

 

⑨インクルーシブ(共生社会)環境の推進

障がい者と健常者を分け隔てるのではなく、両者が当たり前のように共生する「生活」「労働」「教育」の環境づくりを推進します。

 

⑩リタイア世代の力を活かしたまちづくり

シルバー人材センターを活用して、町役場や町内商工業事業者、町内農業従事者と、働く意欲のあるリタイア世代の方達とをマッチングさせる場を作り、リタイア世代の方達がこれまでに培ってきた経験、知識、知恵を活かしたまちづくりや、町内事業者の活性化を進めます。

寒川町の新たな時代を切り拓く

寒川維新十策

①「身を切る改革」から始まる議会改革を通した先進的議会運営の実施

議員定数の削減、議員報酬の見直し、政務活動費の使用範囲の規定改正、議会運営費の使用項目の洗い出し等、議員自らが襟を正し「身を切る改革」を実行し、議会における「無駄」を徹底的に排除した「議会改革」を実現します。「身を切る改革」を実行することで議会の存在価値を高め、これまで役人任せだった条例や年度予算の重要事項の作成過程に議会が深く関わり、議会が主導となった議会運営を実施していきます。


②行政機構改革の推進

縦割りから横断的な組織への組織改革、民間並みの人材登用、育成、採用等の人事改革、民間企業との人事交流も含め、より先進的かつホスピタリティのある行政サービスの提供が行えるよう、町役場の組織体系、人事体系を整備していきます。


③地域経済の活性化支援

エコノミックガーデニングの仕組みを導入、推進し、産、学、官、民、金の各分野が一体となってそれぞれの強みを活かし、町内中小商工業および新規参入事業者を支援、成長させ、地域経済の活性化を図っていきます。


④子どもたちのコミュニケーション能力育成に主眼を置いた教育改革

子どもたちが社会に出た時に「本当に役に立つ教育」を目指して、子どもたちのコミュニケーション能力を発達させる教育環境の整備をし、コミュニケーション能力育成先進都市のイメージ確立を推進します。


⑤企業誘致促進のための体制強化

田端西エリアの再開発事業において、ロボット産業特区の特性を活かし企業誘致を推進するために、専門組織と専属の人員を配置。積極的な「タウンセールス」を実行し、特にIT関連企業の誘致を促進します。


⑥都市型農業「寒川農スタイル」の確立

農協との連携だけではなく、寒川町独自にビッグデータ等を活用した「六次産業化」に対応する為のデータ整備、季節ごとの栽培適正商品の選定推奨、更には販売ルート開拓の補助も行い、既存農業従事者の事業支援、新規就農希望者の企業支援を行い、マーケティングバックアップという新しい農業ビジネスのあり方「寒川農スタイル」を確立します。


⑦観光事業振興による交流人口の増加

現状の観光事業活性化施策「寒川神社を核とした観光拠点づくり」と共に、「寒川神社と並ぶ観光拠点づくり」への視点を追加し、観光事業の振興を行い、交流人口の増加を図ります。


⑧現役世代の心と身体を守る

町内企業在勤者、町内商工自営業者とその従業員、町内在住のビジネスマン等、現役世代に対する「心のケア」を充実させるために、ストレスチェックやカウンセリングの受診機会の拡大を図り、現役世代の心と身体を守ります。


⑨インクルーシブ(共生社会)環境の推進

障害者と健常者を分け隔てることなく、両者が当たり前のように共生する「生活」「労働」「教育」の環境づくりを推進します。


⑩リタイア世代の力を活かしたまちづくり

シルバー人材センターや社会福祉協議会等を活用して、町役場や町内商工業事業者、町内農業従事者と、働く意欲のあるリタイア世代の方達とをマッチングさせる場を作り、リタイア世代の方達がこれまでに培ってきた経験、知識、知恵を活かしたまちづくりや、町内事業者の活性化を進めます。